かっこいい大人になるための筋トレブログ

ただのオヤジからイケオジへ

間違ったダイエットしていませんか? ダイエットではなくてボディメイク


ダイエットについて僕の見解をお話ししていこうと思います。



「ダイエットってなんですか?」と聞かれたらあなたはなんて答えますか?


「痩せること」、「体重を落とすこと」、「食事制限や運動して痩せること」いろんな答えが出てくると思います。



厚生労働省は、ダイエットを「食事の量を制限したり、エクササイズや運動をしたりして減量すること。」と定義しています。
出典:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト
    https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/



で、何が言いたいかというと、ダイエットをしたい人の目的は「痩せる」ことなんですか?
ということなんです。


ここに疑問を感じてしまうわけです。








こんにちは、50歳からの筋トレパーソナルトレーナー

よういちろう

です。



このブログでは50代の男性のための筋トレ方法、メリット、素晴らしさなどをお伝えします。



あなたの人生がより楽しく、より幸せになるきっかけになれば幸いです。




今回のテーマは
『間違ったダイエットしていませんか? ダイエットではなくてボディメイク』
です。

 

 



ということで、まずは「ダイエットの目的は痩せることですか?」ということを考えていきたいと思います。



いつの時代もダイエットにチャレンジする人が後を絶ちません。老いも若きも女性も男性もダイエットにチャレンジしますよね。


で、なかなか成功しないのもダイエットです。ここで誤解しないでいただきたいのですが、いつの時代でも老若男女すべての人が成功できるダイエットは存在します。
成功しないのはその時々で流行していたダイエットです。


今回お話ししたいのはここではありません。ここの話はまた別の機会でお話ししますね。


話を元に戻します。
「あなたはダイエットしてどうなりたいのか」というところを改めて考えてほしいわけです。






ダイエットして痩せたい?減量したい?脂肪を落としたい?

 





痩せる、減量、脂肪を落とす、まあ大体同じような意味になりますが、これらがあなたの本当の目的ですか?ということです。


違いますよね。


ただ痩せればいい、ただ減量できればいい、ただ脂肪が落ちればいい。



違いますよね。



あなたがダイエットを始めようと思った動機はその先にあるはずなんです。
女性であれば、綺麗になりたい、美しくなりたい、かわいくなりたい、そのためにダイエットしたい、これが本音のはずです。
男性も同じです。かっこよくなりたい、イケメンになりたい、モテたい、だからダイエットする、これが本音ですよね。



ということは、体重が-10kgになれば、そこがゴールですか、ということです。
たとえば、ダイエットして体重が10kg減りました、でも思っていたのと違ったらどうでしょう。
確かに体重は減ったけれど、肌が荒れて、シワが増えて、前より老けて見られるようになったとしてもダイエット成功といえるでしょうか。


ただ体重が減れば理想の体型になると思っている人が意外に多いんです。


体重が減りさえすれば理想の体型、顔になれる、そう思っているとしたら大間違いです。

今この瞬間考え方を変えた方がいいです。



あなたが思い描いている理想のスタイルや顔と体重は一切関係ありません。






理想の体型と体重はまったく関係ない

 

 




ぽっこりお腹を引っ込めたい、太い足を細くしたい、二の腕のたぷたぷをなくしたい、二重あごをなくしたい、ダイエットを始める動機は様々です。



ここで聞きたいんですが、今挙げたダイエットの動機が体重は今のままでも解消できるとしたらどうでしょう?体重が減らなくても全然かまわないよという人がほとんどだと思います。


逆に体重が10kg減ったとして、今挙げた動機が全然改善されなかったとしてもダイエット成功と言えますか?その結果に納得できますか?ということです。


体重を減らすこと=理想が叶う、ではないんです。






ダイエットではなくボディメイク




 

 

しつこいくらいに何度も言いますが、体重を減らすこと、痩せることが目的ではなくて、理想の体型、スタイルを手に入れることが目的、ゴールなわけですよね。


理想のスタイルは痩せるだけでは手に入らない、その理由として、ただ細ければいいというものではないからですね。全身ガリガリの体型が理想な人なんていないはずです。(もしいたとしたら危険です。病的に細い身体を追い求めると拒食症など本当の病気になりかねません。)


やはり、人が美しい、綺麗と思うものはバランスがいいものです。ただ細ければいい、太ければいいではないはずです。細いところもあり、太いところもありバランスが取れているものを人は美しいと思うんです。



そう考えると、ただ痩せるためのダイエットは間違いですよね。


細くしたいところは細くして、今のままでいいところは今のままで、太くしたいところは太くする、これが理想ですね。
これは「ダイエット」ではなくて「ボディメイク」と言ったほうが正しいですね。



ボディメイクはただ痩せるだけではできません、運動、筋トレ、エクササイズによって身体を鍛えなくてはなりません。体の余分な脂肪は落として、筋肉をつけたいところには筋肉がつくようにして、理想の身体に近づけていくわけですね。



ただし、いまだに筋トレやエクササイズに偏見を持っている人もいて、特に女性に多いようなんですが、「筋トレなんかしたら筋肉で体がゴツゴツになっちゃうからヤダ」なんて言っちゃう人もいるようです。


で、これも僕は何度も言ってるんですが、「筋トレでゴツゴツの身体になろうと思っても、ならないから全然大丈夫」ということです。
女性のボディビルダーやビキニの選手なんかがどれほどのトレーニングをして、あれだけの身体を作り上げてるか分かってる?って言いたくなります。


全然心配いりません。僕ら素人レベルがいくら筋トレをやり過ぎたと思っても、プロの選手からしたら全然大したことありませんから。


 

train50.com

 





まとめ





ということで、今回はかなり個人的な意見を述べさせていただきました。しかし、個人的な意見だとしても間違ってるわけではありませんのでご安心ください。


「痩せなきゃいけない、脂肪を落とさなきゃいけない、だからランニングを始めようと思います。」こういう人多いです。ヤバいです。なぜかというと、特に僕ら世代、40代以上の人は特に注意が必要です。ランニングだけやっていると、筋肉がつきづらくなって代謝が悪くなっていきます。代謝が悪くなるということは痩せづらくなるということなんです。


ですから、ランニングだけやるのではなく、筋トレで筋肉もつけるようにしたほうがいいです。



と言いますか、僕的にはランニングはいりません。ランニングよりも効果的なエクササイズがありますから。しかも、ジムに行かなくても家トレだけで十分にランニングを凌駕しますよ。


家トレも効果的、効率的なメニューでエクササイズすれば間違いなくボディメイクできます。プラス、筋トレですね。美容面だけじゃなくて健康面でも大きなプラスになります。



ぜひ、ただ痩せるだけのダイエットは止めて頂いて、良質なエクササイズ、筋トレで理想のスタイルを目指してください。


ダイエットではなくてボディメイクです。






それでは、また。